電子タバコと普通のタバコの違い

電子タバコと言う言葉を聞く機会が増えてきました。日本人がこの電子タバコを扱う場合、ほとんどのケースにおいて禁煙グッズとしての役割を持つ電子タバコのことを指し示します。したがってタバコと電子タバコは全く違うものであると言うことができるのです。通常のタバコがタバコの葉に火をつけて煙を吸う仕組みであるのに対し、電子タバコではリキッドと呼ばれる液体を電気の力で水蒸気に変え、発生する水蒸気の煙をタバコの煙に見立てて吸い込むことで気分を紛らわせる仕組みとなっています。この水蒸気にはタバコの成分の1つであるニコチンが含まれていないため、タバコの依存を断ち切るために役立つと考えられているのです。タバコを吸う習慣を断ち切るための1つの手段としてこのような禁煙グッズが役立っているのです。

電子タバコが禁煙グッズなのは日本だけ?

電子タバコと言えば禁煙グッズであると言うのは日本国内では一般的な認識であり、常識であると考えている人も少なくありません。しかしながら世界的に見た場合日本人の持つこの感覚は必ずしも正しいものではありません。タバコの葉を燃やして煙を吸うタバコと同じように、リキッドと呼ばれる液体を水蒸気に変えて吸い込むことで同じ効果を得ることを目的としている国もあるのです。その場合リキッドの中にはニコチンが含まれることになりますので、通常のタバコに火をつけて煙をするのと全く同じ効果を得ることになります。これは純粋な意味でタバコの代用品としての存在であることを意味するものであり、氷を使わずに楽しむことができるタバコとしての存在価値を見出しているのです。日本においてはニコチンを含有したリキッドの製造販売や流通が禁止されているため禁煙グッズとしての機能が前面に出ているに過ぎないのです。

電子タバコを利用する際の注意事項について

電子タバコは健康グッズの1種であり禁煙のために役立つと言う認識が日本においては一般的です。しかしながら海外においては必ずしもそうではないと言う事は知っておくべきです。電子タバコで使用するリキッドの中には海外で生産されているものが少なくありませんが、何らかの事情でニコチンが関与されたリキッドが流通する可能性もゼロではありません。そのため電子タバコは絶対に安全なものであるという意識を持つのは誤っています。安全であると思っていたものが実はそうではなかったと言うことも起こり得るため、情報収集には慎重になっておく必要があります。特に海外から輸入されたであろう電子タバコについては、もしかしたらニコチンが含有されておりキットが含まれているかもしれないと言う慎重な考え方を身に付けておく必要があるのです。

2014年に英オックスフォード大学出版局がベイプ「VAPE」を一年で最も注目された言葉に選びました。 電子タバコはほとんどが輸入品でコピー商品も多いため、信頼できる販売店での購入がおすすめ。 タバコを吸うことを「Smoking」、電子タバコを吸うことを「Vaping」といいます。 一般的な電子タバコはバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーとマウスピースから組み立てられます。 電子たばこのスターターやリキッド、アクセサリーまで!