電子タバコの味の種類はたくさんある

近年の増税などでたばこの値段は高騰しています。毎日1箱吸っているという人の場合には、毎月12000円以上かかることになりますから、禁煙や本数を減らしたいという人も多いのではないでしょうか。そういった時に、電子タバコは有効なアイテムです。電子タバコとは、海外で爆発的にヒットしているアイテムで、電熱線を使ってさまざまな香りをつけた液体を、気化させてできた水蒸気を吸引するという器具です。通常、日本で販売されている電子タバコには、ニコチンが含まれていませんから、健康的で、毎月かかるランニングコストも、リキッド代や消耗品のみですから、かなり金額を抑えることが可能です。海外では、ニコチン入りのリキッドも販売されていますから、たばこと同様にニコチンを吸い込むことが可能です。

人気の電子タバコのメカニズムとは

電子タバコのパーツは、本体のバッテリーとアトマイザーの2つから成り立っています。そこに、自分の好きなリキッドを入れることで、すぐに使用することができます。本体を充電し、アトマイザー部分にミストとなるためのリキッドを入れて、ミストを噴射・吸引することで、たばこを吸っているような感覚を味わうことができます。リキッドには、さまざまフレーバーがあり、ミントやメンソール、チョコレート、ケーキ、たばこ味などさまざまな香りを楽しむことができ、たばこのようなヤニ臭さもなく、衣服や部屋も嫌な臭いがつくことはありません。噴射される水蒸気は、たばこの煙とほぼ同じくらいの粒子のため、水分吸収されにくく、肺まで深く吸引したあとに吐き出しても、煙がよく見えて長く残ります。

電子タバコで禁煙することは可能なのか

たばこに近い吸引感覚といわれる電子タバコですが、たばこの代替え品や禁煙補助具として用いられることがあります。喫煙者の場合、口寂しさからたばこを吸ってしまうという、精神的依存がありますが、この口寂しさは電子タバコで補うことが可能です。ただ、ニコチン依存の場合には、電子タバコを吸ったとしても、ニコチンが含まれていませんから、なかなか禁煙や減煙することは難しいといえます。電子タバコの一番のメリットとして、経済的ということが挙げられます。初期費用はかかりますが、長期間使用することを考えると、たばこを購入するよりもランニングコストは遙かに安く、フレーバーも種類が豊富で、気分によって変えられるというのも、メリットといえます。発ガン性物質であるタールなどの有害物質もふくまれていませんから、健康的で、安全だといえます。